ムダ毛を処理したいと思った

私は同棲している彼氏がいました。
その彼氏に汗をかいた時にうなじにベタベタとついてるうぶ毛が嫌いと忠告されました。

考える女性そして、お風呂に入った際わき毛を処理している姿をたまたま見られてお前毛が濃いな。と冷たい一言を言われてしまいました。大分気を使っていたつもりだったのですが全く毛を処理してもごまの様になってしまい、日々悩んでいました。

脱毛クリームを背中の毛に使った際も敏感肌の私はその商品が合わなかったためにデキモノが出来てしまいました。どんどん自身がなくなってきてしまい、袖なしやオフショルの洋服を着ることを控える様に肌を隠すようになりました。

そんな時電車で見つけた広告で手軽な値段で脱毛ができるということを知り、説明を聞きに行きました。
初めは怖かったのですが痛くもなく安心して通いました。

徐々に毛が薄くなっていき好きな洋服を着れるようになりました。

彼氏にも他の部分も綺麗になったところを見てもらいたい、隣で歩くなら自身を持っていたいと強く思うようになったのでそこから全身脱毛も考えるようになりました。

脱毛をおすすめしたい時期です

産後のデリケートゾーンの黒ずみ

私が黒ずみについて気になるようになりましたのは、産後のデリケートゾーンの黒ずみでした。

産後はしばらくはあまり自分のデリケートゾーンを見ることはなかったのですが、ふとお風呂に入った際に自分のデリケートゾーンが目に入りましたので、そのときにとてもショックを受けました。

Frau schaut mit Lupe im Intimbereich nach今まではそんな黒ずみなど縁がなかったのですが、産後になりこんなに黒ずんでいるのかと思いますと、女性としてもショックですしこれから先温泉なども恥ずかしくてなかなかいけないなと思いました。

そして、この黒ずみをほっておいてもきれいにならないと思いましたので、何か対策をしようと思いました。

そしてデリケートゾーンにきくクリームなどを検索してみました。すると口コミでも良さそうなものを見つけましたので、早速使用してみることにしました。

そして使い続けていくうちにだんだんデリケートゾーンの黒ずみも気にならなくなりましたので、思い切って使ってみてよかったです。

デリケートゾーンの黒ずみはサロンでも解消できます

またお前か、なぜそんなところに…

私は中学生のころ、よくニキビができていました。
顔には大きなニキビが2、3個あり、両頬は今でも痕があります。
でも、私がいちばん困っていたのは、両頬ではないんです。

Groer Pickel auf der Nase…鼻です。しかも、鼻の端っこではなくて、ど真ん中です。
周りの子にはからかわれるわ、痛いわ、痒いわ、恥ずかしいわで、散々な日々がありました。

ちなみに、鼻の頭にできるのは恥ずかしすぎたので、絆創膏をしてみたことがあります
結果は、絆創膏をした方が目立つのでしないほうがよいかなと。

 

おでこにもたくさんできていました。前髪が長かったせいかもしれません。おでこには、小さいニキビがたくさんでした。両頬は大きなニキビ、おでこは小さいニキビ、鼻はど真ん中にできていました。最悪ですね。

テレビをみると、みなさんお綺麗なんです。肌真っ白で。テレビをみる度に嫉妬して、そのあと悲しくなっている自分がいました。

高校生になるとニキビはできなくなってきました。ときどき、鼻の頭が赤くなることはありますけれど。

ニキビ フェイスライン

安物のパンツのせいでお尻がニキビだらけに・・・

お尻に膿を持って炎症を起こしている赤ニキビがいくつもできて痛くて困った事がありました。

ニキビが潰れた後はお尻にぼつぼつの柄ができて、お尻が伝染病にかかったような見た目で自分でも気持ち悪いと思いました。

ニキビができた場所を詳しく説明すると、パンツのゴムが丁度当たる場所でパンツのラインに沿ってニキビができているといった感じでした。その時使っていたショーツは一般的なショーツに比べると厚手のポリエステル製で通気性は悪かったです。

そのショーツを買った理由は、安くて可愛い柄だったからでした。その当時は一日の大半を椅子に座って過ごしていて、季節は夏でした。

お尻がニキビだらけになった時は「何でこんな風になるの?」「座ったらお尻が痛い」と思っていましたが、通気性・吸湿性の悪いショーツをはいて皮膚を圧迫し続けたらひどいニキビになるのは当然だと今は思っています。

今はトリンプのパンツをはいていて、値段や素材もある程度良い物なのでお尻にニキビはできなくなりましたが、これからは安物のパンツを買うのは止めようと思います。

大人ニキビ

ワキガかなり黒ずんでいて辛いです

私の肌は人よりも少し白いのか、その分日焼けや黒ずみがかなり目立ちやすいです。

特に気になるのがワキで、ここはまだ脱毛しておらず、毎日剃刀で剃って処理しています。秋や冬は長袖を着るのであまりワキを出す事もないのですが、問題は春夏といった薄着の季節です。

私は暑がりなので春にはもう肩だしワンピースを着て、その上にカーディガンを羽織るという服装をする事があります。そんな時に着になるのがワキの黒ずみで、ワキの毛を剃っているのに生えているような黒さが、本当に嫌なのです。

そして一番困るのが、プールや海へ遊びに行った時です。
水着を着ると自然とワキは露わになってしまいます。

そうするとワキが黒ずんでいる事もバッチリバレてしまいますので、彼氏や友人に誘われても、「泳げないから」と断ってしまいます。

本当は行きたいですし、思い出も作りたいです。

でもワキの黒ずみを見られると、清潔感がないとか不潔だと思われないか、引かれてしまわないかと不安なのです。
この黒ずみは脱毛すれば無くなるのか、もしくは別の方法があるのかと毎日考えています。

http://乳首黒ずみ解消.net/

同世代の子の行動力が凄い

私は今20代ですが、同世代の子たちに着いていけなくて困っています。

確かに、10代の頃は、20代になると色々なところへ旅行へ行ったり、
居酒屋やバーに行ったりするものだと思っていました。

しかし、実際に自分が20代になってみると、どこへも行かず宅飲みばかり。

旅行なんてもってのほか。行きたいとも思わない、この体たらく。
友達はよく、ここに行ってきた、ここでなにをしてきた等、楽しそうにお土産話をしてくれます。

私はそれを感心しながら聞き、「すごいねぇ~」としか言えません。
若いっていいなぁ、と思ったりもしますが、若いだけじゃなく、結局、行動力の問題なんだなぁと思います。

親世代の人達に、動ける内に動いとかないと将来後悔するよ、と言われます。
その言い分も十分理解できますし、私自身、高校の時にもっと色々やればよかったと思います。

でも、現実の自分はなかなか動いてくれず。今日も今日とて、安上がりな自分は、宅飲みを選択しちゃうんです。

同世代の子たち、みんな凄いなー。

ノースフェイスに関することをリサーチしているなら、基本知識から専門知識まで理解しやすく記載しておりますこちらのページにお越しください。絶対にノースフェイスに関する疑問が明らかになるでしょう。